J.homesの家づくり

 

J.homesとは

パナホーム山梨グループ

J.homes テクノストラクチャー

注文住宅 山梨

 

J.homesの家とは

 
「 良家 」
良家
SnapCrab_NoName_2016-9-27_15-16-17_No-00

いざという時に家族を守ってくれる家の強さ

快適に暮らしながら、高いレベルを満たす省エネ性

長寿命でメンテナンスコストが少ないこと

家を建ててからも一生涯の安心をお届けする、しっかりとしたアフター体制を継続すること

他県とは異なる独特な気候や風土を持つ山梨のことを熟知した人間が考えた家であること

パナホーム山梨グループ専任の熟練職人による施工に、パナソニックのテクノロジーや技術を兼ね備えたムラのない安定した高い品質をご提供し続けること

将来も価値を維持し、家族の生活を支えてくれる家

お客様の次世代、その先の幸せまで見据える家

お客様のニーズを超える付加価値の高いアイデアのある家をご提供すること

適材適所にしっかり収納があること

 

テクノストラクチャーとは

 
テクノストラクチャー第三の工法

 「テクノストラクチャー」とは、パナソニックで開発した木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算他耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法です。

「木か鉄か」と言う選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かしたパナソニック独自の「第三の工法」です。

テクノストラクチャーの強さ

テクノストラクチャー「強い家」を支える強固な構造部材

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな仕様を規定し、構造計算通りの強度を確保します。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

木と鉄の複合梁「テクノビーム」木と鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。

テクノストラクチャーの空間メリット

縦にも横にも広い、オープンな空間

■ 一般的な木造軸組工法で、約3.6mしかとれなかった柱と柱の間
⇒ テクノストラクチャーは、最大約6m(壁心寸法)まで広げることが可能!20畳以上もの大空間や、車2台が優に並列駐車できるビルトインガレージ、大きな窓の設置なども自由です。

■ 従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」
⇒ テクノ接合金具の採用により不要に!
柱の長さをまるごと活かした高い天井高が可能になりました。

2階建て住宅で1階・2階とも最大2.9m(一般的な住まいは2.4m)もの天井高が実現できます!

テクノストラクチャー 空間テクノストラクチャー 空間

従来の木造住宅テクノストラクチャー
従来の木造住宅
梁が弱いとたわみが出て構造全体もぐらぐら。
テクノストラクチャー
テクノビームなら梁の強さが大空間を支えます。

構造計算 × 耐震実験で確かな安心

災害シミュレーション綿密な構造計算(災害シミュレーション)を実施

近年広く認識されるようになった、構造計算の重要性。テクノストラクチャーは早くから、一棟一棟異なる間取りを持つ一戸建て住宅にこそ構造計算が必要と考え、平成7年の発売以来、オリジナルの構造計算システム(=自動躯体設計システム)を使いすべての住宅において、構造計算を実施しています。

住宅 構造計算基準

■テクノ構造計算 = ■人間ドッグテクノ構造計算

 テクノストラクチャーの構造計算は、私たちで言えば「人間ドッグ」クラスの緻密な健康チェックをしています。一般的な木造住宅は、「健康診断」並みのチェックして義務付けられていませんので、その差は歴然をいえるでしょう。健康の証「構造計算図書(カルテ)」も出てきますよ!

 

耐震等級3の強固な躯体
 
 
 
 ※テクノストラクチャーについて、
もっと詳しく知りたい方は
↓こちら
テクノストラクチャーHP
fdhjrt46

「2020年新省エネ基準」 をクリアする 「ずっと快適な家」

 2020年より、新省エネ基準(ゼロ・エネルギー住宅、認定低炭素住宅)の適合義務化になることをご存じですか?
 住宅のエネルギー効率や性能の「見える化」が義務付けられ、車で例えると燃費や排気量のように″性能を数値化”し、それをクリアした省エネ&エコでエネルギーロスが少なく長寿命な住宅しか建築許可がもらえない時代がやってきます。

ゼロ・エネルギー住宅

 J.homesでは、すでに2020年新省エネ基準をクリアする性能を「標準採用」しています。外皮計算による熱貫流率(UA値)、それに伴う一次消費エネルギー計算によって「断熱効果が高く快適に暮らすことができ、高効率(エコ)で環境にもお財布にも優しい家」をご提供いたします。

 ■長期優良住宅 標準採用長期優良住宅

■平成28年度においても、私共J.homesは
ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業
地域型住宅グリーン化事業
も採択されました。

 
″ひとクラス上の暮らし”をお届けします。

  同じ大きさ(坪数)の家でも、空間のつくり方次第で、「ひろびろとスッキリした家」と「狭々しくモノが溢れ返った家」とがあります。
 更には、「使いやすさ」「居心地のよさ」「陽あたり」「風通し」「プライバシー」などは、間取りはもちろん、敷地や立地条件・近隣環境などが大きく影響してきます。
 しかし、限られた予算や敷地環境の中で、いったいどうすればそれらをクリアした、快適な暮らしをずっと続けることのできるマイホームを手に入れることができるのでしょうか?

注文住宅 山梨

予算を大切にするからこそ、細かい設計が必須!

 例えば、どのくらい収納があるかの指針として、「収納率」という言葉があります。「建物坪数に対して収納率○○%だからたくさん収納がありますよ!」とPRしているのをよく耳にしますが、果たして本当に「収納率」が高ければ収納がたくさんできると言えるのでしょうか?
 例えば、奥行き90㎝のクローゼットに洋服を掛けたとすると、洋服の幅というのは大体60㎝くらいなので、残り30㎝は余ってしまいます。洋服の奥側に30㎝の余りがあってもうまく活用できませんよね、、

 どこに何を収納するか、広さ・奥行き・幅がどのくらい必要かなど、細部にわたりしっかり設計し、このようなムダな「余り」を極力減らすことによって、逆にリビングを広くしたり、違う用途として活用できたりします。
 限られた予算の中で建物(坪数)を大きくできないからこそ、無駄のない緻密な設計をすることによって、たとえ同じ坪数の間取りでも、広さや使いやすさを飛躍的に向上させることができます。それこそが「良家」づくりへの第一歩だと考えます。

テクノストラクチャー工法のポテンシャルを最大限に活かす設計力

家づくり

 そのような繊細な設計が可能なのも、通し柱やユニットなどの必要がなく、広く自由空間がつくれた上で、地震に強いテクノストラクチャー工法だからこそ!ですが、そのポテンシャルを最大限に活かす設計・施工力をもつ、私共J.homesだからこそできる技術です。

 

お客様の要望 × J.homesの提案

納得のいく家づくり!

 私共J.homesでは、敷地調査~プランニング~お見積り まで「無償」でさせていただきます。これは、私共のプランニングをみて頂くことによって、「なるほど!さすがJ.homes!」と感じて頂けるからです。
 だからこそ、お客様のご要望がかなえられ納得していただけるまで、何度でも何度でもご提案をさせていただき、人生の中で最も家族と長い時間を過ごす家だからこそ、妥協のない、とことんこだわった家づくりを致します。