いよいよお引渡し

お引渡し

P1000660P1110833 建物が完成すると、お施主様による最終確認はもちろん、パナホーム山梨グループ建設センターによる社内竣工検査、各公官庁による竣工検査などを経て、いよいよお引渡しとなります。
 お引渡し式は、記念撮影やご家族によるテープカットなど、思い出に残るセレモニーをさせていただきます。設備の基本的な使い方説明もさせていただきますので、安心して新しい暮らしがスタートできますよ。

新しい暮らし ~ここからが本当のお付合いのスタート~

 私たちの仕事は「家をつくること」ではないと考えています。
 家づくりを通じて、「明るく幸せな家庭を末長く築いてもらうこと」そのお手伝いをすることが、私たちの使命だと考えております。
 「家」というものは、当然ですが新築のときは何もかもが新しく、しっかりしていると思います。しかし、どんなに良い材料・しっかりした構造の家でも、何十年と毎日暮らしていくなかで、人間と同じように怪我をしたり病気になったりします。何もしないでずっと健康でいる家など存在しないと言っても過言ではありません。
 だからこそ、このような怪我や病気を、その家を産んだ私共が「ホームドクター」となり、しっかり定期健診(点検)をすることによって、重度の病気になる前の初期(軽度)のうちに見つけ、早期治療をしっかり施す。それこそが、長寿命でいつまでも健康な「良家」であり続けるための唯一無二の方法と考えます。

 従ってJ.homesでは、建物完成・お引渡しは「ゴール」ではなく、「本当のお付合いのスタート」と考え、住まいをしっかり見守り「真心をこめて 一生涯のおつきあい」をさせていただきます。

 J.homesでは定期点検として、お引渡し後 → 3ヶ月点検 → 1年点検 → 2年点検 → 5年点検 → 10年点検 → 15年点検 → ・・・と行い、お客様の住まいを生涯にわたり守っていきます。

■J.homesはもちろんですが、パナホーム山梨グループ カスタマーセンターと連携し、お客様の住まいをしっかりサポート
SnapCrab_NoName_2016-10-6_11-7-48_No-00dgnsrtyiw56

20151206_160126■「家」のバースデーでもある1年点検のときは、ケーキやお花のプレゼントもあります。

DSC01939■もちろん定期点検のときだけではなく、J.homesスタッフが毎年訪問させていただき、不具合や暮らしのアドバイスなども含め、親身にお付き合いをさせていただきます。(雑談が多いですけど、、(苦笑))

SnapCrab_NoName_2016-10-6_13-30-59_No-00■年に1回、その年度にご建築いただいたJ.homesオーナー様にご参加いただき「感謝のつどい」を開催しております。J.homesファミリーの皆様は、明るく楽しい方々ばかり!毎年とても楽しいイベントになっています!

緊急なトラブルにも安心の「リビングベル」

真夜中の水漏れやトラブルなど、緊急に処置してほしいときなどにも、24時間365日体制のパナソニック「リビングベル」があるので安心です。

SnapCrab_NoName_2016-5-23_13-46-53_No-00SnapCrab_NoName_2016-5-23_13-46-33_No-00 SnapCrab_NoName_2016-5-23_13-46-17_No-00   

リビングベルについて
詳しくは

panasonic 「リビングベル」

「かせるストック」制度

SnapCrab_NoName_2014-10-9_9-22-25_No-00 J.homesの家は、国が管轄する「一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)」に加盟しています。
 移住・住みかえ支援機構(JTI)とは、現在大変な社会問題となっている「空き家」問題&「住宅ローン破産」問題などを解決すべく国が立ち上げた機関で、JTIで定めた「長寿命で高耐震な住宅」の基準をクリアし、JTIに登録された住宅であれば、いざという時にJTI斡旋のもと「家を貸す」ことができるというものです。(かせるストック)

 「家を貸す???」と感じる方が多いとは思いますが、例えば住宅ローンを返済中のご家族の間で、
・転勤になり家族で県外へ移る。
・リストラor転職となりしばらく収入が減ってしまう。
・夫が病気になりしばらく収入が減ってしまう。
・実家の親の看病が必要となり数年実家へ帰る。

など、ご家族の間で急な変化が生じた場合でも、残念ながら住宅ローンの返済は待ってくれません。
 転勤などでもう山梨には戻らない場合には、住宅ローンの残高を上回る金額で売却できればいいかもしれませんが、そうは言っても、そんなに急に好条件の買い手が見つかるとも限りません。

 そんなとき、一定期間「家を貸す」ことによって、家賃収入を得て住宅ローン返済や収入の足しとなる「保険」として、この移住・住みかえ支援機構による「かせるストック」をご活用ください。
 ※全国で92%の稼働率、一度借り手がつけば終身借り上げ

SnapCrab_NoName_2014-5-24_19-44-21_No-00

その他にも、
「もう子供たちも成人・独立して、夫婦2人暮らしにはこの2階建ての家は必要ないから、田舎に平屋でも建ててゆっくり暮らしたいな~」
などとお考えの方の場合でも、この「かせるストック」を活用すれば、家賃収入を得ながらのんびりと暮らすこともできます。
そんな大切な「家」という資産を上手に運用することもできるシステムです。

 

「かせるストック」について
詳しくは

移住・住みかえ支援機構(JTI)

 

今回の「建設物語」はここまで。
まだまだお伝えしたいことはたくさんありますので、ぜひお気軽にイベント参加・お問合せください。お待ちしております!

いよいよマイホームが形にへ 家ができるまでトップページへ