構造計算っていったい、どんな所をチェックしているのですか?

地震や強風などで家がゆれた場合、降雪により雪の重さが加わった場合、どんな所に、どんな力が加わるか、8カテゴリー388項目をチェックします。

(1)基礎の強さ、(2)柱の強さ、(3)床の強さ、(4)梁の強さ、
(5)梁接合部の強さ、(6)柱接合部の強さ、(7)耐力壁の配置、(8)耐力壁の量

なお、『テクノストラクチャー構造計算にかかわる保証書』がパナソニックESテクノストラクチャー(株)より発行されます。